有効成分

Scandinavian Biolabsでは成分の「見える化」を大切にしています。以下は製品に使用されている成分と詳細です。製薬会社の研究者による解説ですので安心してご覧ください。

 

ヘアグロウスセラム

  蒸留水

 

アルコール  アルコールを含む製品は髪の毛にダメージを与えるために避けるべきであるというのが一般的ですが、すべてのアルコールが悪いわけではありません。化粧品に含まれるアルコールは、通常、「短鎖アルコール」と「脂肪族アルコール」に分けられます。このセラムに使用される脂肪族アルコールは、天然資源に由来するもので、1分子あたりの炭素数が12個以上あるものである。そのため、乳化安定剤として使用されることが多く、脂肪族アルコールは髪の毛に滑らかさと柔らかさを与えてくれます。

 

ナイアシンアミド  水溶性ビタミンB3の一種であるナイアシンアミドは、すべての肌や髪のタイプに適合できる性質を持っています。ナイアシンアミドは抗酸化作用と抗炎症作用を持つ成分です。肌や髪の毛の保湿を助けることで明るく爽やかにしてくれます。また、油分を整えることで頭皮と肌のバランスを整え、清潔感を持たせてくれます。ナイアシンアミドには血行促進作用があり、丈夫な髪を育てるのに欠かせない成分です。また、物理的・化学的にダメージを受けた髪の手触りを改善し、ケラチンの生成を助けます。さらに、頭皮の乾燥やダメージを受けた地肌のパサつきを抑え、しなやかさを取り戻すことで見た目の美しさを向上させます。

 

カフェイン  カフェインは髪の毛の健康に作用する物質で、髪の毛のダメージを抑えたり長く強く成長するために必要な栄養素やビタミンを補給したりと、さまざまな面で髪の健康をサポートしてくれます。カフェインの主な効果は、髪の成長の初期段階で、根元から直接髪の成長を促進することができるということです。これは、抜け毛の原因となる「DHT」と呼ばれるホルモンをターゲットすることで行われます。DHTはビタミン、タンパク質、ミネラルによる毛根の成長を妨げることがあります。カフェインは、毛髪細胞がより多くの「ATP」を産生することでこれに対抗し、髪の成長を促すエネルギーの一形態である「ATP」を生成し、発毛をサポートします。

 

ウコンカルス順化培養液(別名ウコン)  熱帯および亜熱帯の植物で、非常に隆起した円筒形のオレンジ色の根茎が特徴です。この根茎は、貯蔵および抵抗器官として機能するために変異した根です。ウコンは無限にといっていいほど優れた再生能力を持っています。髪の成長を再活性化するための最適な微小環境を作り、毛球のエピジェネティックの初期化と毛包の再生を達成するように開発されています。

 

パンテノール  パンテノールは、多くのヘアケア製品やスキンケア商品に使用されている成分です。プロビタミンB5とも呼ばれるパンテノールは、髪の毛と結合し洗い流した後もその働きを持続させます。プロビタミンは一般的なビタミンと異なり、他の分子と結合して初めてビタミンB5に変化します。他のビタミンとは異なり、パンテノールは分子鎖ではなく、鏡のような分子構造をしています。この鏡のような構造により、パンテノールは二重の働きをすることを意味し、配合される製品によって異なる機能を持つことができます。シャンプーやコンディショナーに使われるパンテノールは保湿剤としての働きがありますが、他の製品では異なる役割を果たすことがあります。

 

バニリルブチルエーテルは、加熱剤として使用される有効成分で、皮膚に塗布した部分に感を与えます焼けるようなヒリヒリ感を与えます。構造的には、バニリルブチルエーテルは他の天然温感成分に似ていますが、カプサイシンやトウガラシエキスよりも刺激が少ないです。また、バニリルブチルエーテルは痩身剤としても効果的で、皮下脂肪の燃焼を加速させます。

 

ピロリドンカルボン酸塩は、細胞に水分を結合させ、その重量の数だけ水分を保持する保湿剤で、肌や髪の毛に潤いを届けます。PCAは人間の皮膚に存在する天然のアミノ酸プロリンに由来しています。また、肌の老化の原因となるフリーラジカルと戦う抗酸化物質も含まれています。空気中の水分を吸収する能力を持ち、吸湿性が高いとされています。

 

乳酸ナトリウムは、乳酸のナトリウム塩で、モノナトリウム塩、乳酸ナトリウム塩とも呼ばれています。ビーツやトウモロコシの糖分を発酵させて作られる物質です。人の皮膚に多く含まれており、空気中の水分を引き寄せる強力な保湿効果があります。

 

アルギニンをはじめとするアルギニンアミノ酸は、髪の毛がケラチンを生成するために必要な重要な成分です。髪の毛のケラチンを回復させる働きの他にも、アルギニンは抜け毛を遅らせる効果があるアミノ酸の一つです。アルギニンは血管拡張成分として知られており、血管を弛緩させます。この作用を利用して回復が見込まれる病いは様々です。L-アルギニンは体内のアンモニアを尿素に変えて排出します。タンパク質の生産が刺激されると、アミノ酸は毛包の育成に買って出ます。

 

アスパラギン酸は、皮膚や髪のコンディショナーとして有用なアミノ酸です。独自の構造により、ダメージを受けた髪の毛の疎水性を高め、撥水性を回復させます。

 

ペンチレングリコールは、髪の毛に潤いを引き寄せて保湿する働きがあるため、一般的なヘアコンディショニング剤として使用されています。そのため、保湿剤として分類されています。

 

ピロリドンカルボン酸亜鉛は体内の機能に重要な役割を果たす天然酸で、特に頭皮や皮膚に効果があります。DHT(ジヒドロテストステロン)のカタラーゼの生産を防ぐ、または制限する働きがあります。DHTは、高齢の男性と女性の毛包を阻害することが分かっており、それらが薄毛や脱毛症の一因となることが知られています。

 

グリシンは、体内でタンパク質を作るために使われるアミノ酸で、組織の成長や維持、ホルモンや酵素などの重要な物質を作るために必要な成分です。

 

アラニンは、ブリーチによるダメージを受けた毛髪の表面疎水性を改善します。非必須アミノ酸であるアラニンは食事だけで得ることができます。ヘアケアおいてアラニンは髪の水分バランスを整えることが知られているため、保湿力を向上させます。

 

セリンは、破損防止の特性があり、髪を熱による損傷から保護するのに役立ちます。このアミノ酸は100%天然で、糖質由来のものです。

 

バリン&イソロイシンは3つの分岐鎖アミノ酸(BCAA)のうちの2つで、3つ目はロイシンです。この3つのアミノ酸は、そのユニークな構造と機能からBCAAとして分類されています。組織の修復、正常な成長の促進、血糖値の調整および体を元気にする働きがあります。さらにバリンには、中枢神経系や認知機能をサポートする役割があります。

 

プロリンは、ヘアトリートメントに使用されている4種類のアミノ酸のうちの1つで、毛髪の軸を強化する働きがあります。また、コラーゲンの生成を助ける働きもあります。コラーゲンは髪を若返らせる効果があるため、髪に弾力性をもたせ丈夫で切れにくい髪にします。

 

トレオニンはタンパク質のバランスを整えて成長を促す働きがあることから、化粧品やパーソナルケア製品に使用されているアミノ酸です。その主な機能の一つは、筋肉組織とコラーゲン、エラスチンの生産に必要な2つのアミノ酸グリシンとセリンを作成するための補助をする役割です。

 

ヒスチジンは引張強度を向上させるアミノ酸です。また、抗酸化物質であるスーパーオキシドディスムターゼなど、多くの金属を含む酵素や化合物の形成に欠かせません。

 

フェニルアラニンは必須アミノ酸の一つとして知られ、たんぱく質の構成単位として機能しています。私たちの体は健康を維持するためにアミノ酸を必要としていますが、フェニルアラニンは自己生産することができません。

 

フィチン酸  皮脂や油分の生成を抑え、保湿効果があることで人気のフィチン酸。特にカルシウム、鉄、銅などのキレート作用に優れています。カルシウムをキレートすると硬水による髪の毛のけだるさに効果的です。

 

香料として使用されているのはユーカリのエッセンシャルオイルです。ユーカリはシラミを殺し、髪の毛の成長を促し、フケをなくすことで知られています。

 

ヘアストレングスシャンプー

 

  蒸留水

 

スルホコハク酸ラウレス2Naは、肌にやさしい洗浄剤です。深い洗浄力、硬水に強い、ちょうどいい泡立ち、すすぎやすさ、生分解性などの特性があります。市販のシャンプーの95%に配合されており、脱脂剤として髪や頭皮の汚れや油分を吸着します。髪を清潔にして艶のある状態にし、泡風呂や洗顔料、手洗い石鹸などにも含まれています。基本的にスルホコハク酸ラウレス2Naは、泡が立つ洗浄剤であればほとんどの製品に含まれています。

 

コカミドプロピルベタインは、ヤシ油に含まれる化合物で、シャンプーやハンドソープなどの泡立ちを良くするために使用されています。化粧品にも乳化剤や増粘剤として使用され、ヘアコンディショナーの静電防止剤としても使用されています。

 

塩化ナトリウムは、食卓塩として知られています。化粧品や美容製品では、肌や髪の毛の油脂を減らすために塩が使われています。

 

ラウロイルグルタミン酸ナトリウムは、グルタミン酸(アミノ酸)、ラウリン酸(再生可能な植物由来の脂肪酸)、ナトリウムから派生した化合物です。敏感肌に適した優しい洗料として使用されています。

 

カフェイン  カフェインエキスは毛の成長を刺激する作用があり、毛包を刺激し抜け毛を減らします。

 

ナイアシンアミド  水溶性ビタミンB3の一種であるナイアシンアミドは、すべての肌や髪のタイプに適合できる性質を持っています。ナイアシンアミドは抗酸化作用と抗炎症作用を持つ成分です。肌や髪の毛の保湿を助けることで明るく爽やかにしてくれます。また、油分を整えることで頭皮と肌のバランスを整え、清潔感を持たせてくれます。ナイアシンアミドには血行促進作用があり、丈夫な髪を育てるのに欠かせない成分です。また、物理的・化学的にダメージを受けた髪の手触りを改善し、ケラチンの生成を助けます。さらに、頭皮の乾燥やダメージを受けた地肌のパサつきを抑え、しなやかさを取り戻すことで見た目の美しさを向上させます。

 

PEG-7ヤシ脂肪酸グリセリルは、肌表面の潤滑剤としての作用があり、やわらかくなめらかな肌を演出します。また、油分や汚れの表面張力を低下させて乳化を助けます。

 

ポリクオタニオム-47は、陰イオンのマイナス電荷を打ち消し、髪や皮膚にさらなる潤いを与える作用があります。

 

イソステアリン酸PEG-90グリセリルは皮膚と髪の表面のための潤滑剤として柔らかく滑らかな見た目を提供します。皮膚表面にバリアを形成することで、皮膚の乾燥を遅らせます。

 

安息香酸ナトリウムは普段クランベリーやプルーン、プラム、シナモン、リンゴなどに含まれていることで知られています。その主な機能は、パーソナルケアの防腐剤です。

 

アルコールは、油と水の分離を妨げる乳化剤です。泡立ちを良くしたり、泡を安定させたりする働きがあります。塗布すると、髪になめらかな手触りを与え、水分の損失を防ぐ効果があります。

 

C12-14 パレス-12は油分や他の液体が分離するのを防ぐ乳化剤です。

 

ソルビン酸カリウムは、水によく溶ける白色の塩です。主に食品の防腐剤として使用され、ワイン、パーソナルケア製品など様々な用途で効果を発揮します。

 

ピロリドンカルボン酸塩(PCA)は、人間の皮膚に存在する天然成分で、表皮を健康に保つ天然の保湿因子として作用しています。

 

 

乳酸ナトリウムは、化粧品やパーソナルケア製品に防腐剤、緩衝剤、保湿剤として一般的に使用されている多機能成分です。

 

アマランサス種子油は、スクワレンの含有量が非常に多く、乾燥肌や敏感肌に最適なケアを提供するオイルです。吸収が早く、保湿力があるなどの美容効果があり、乾燥肌や敏感肌の方に最適です。

 

クエン酸は柑橘類、特にレモンやオレンジなどに自然に含まれる酸です。金属をキレート(錯化)させることで、化粧品やパーソナルケア製品の保存を高めるために使用されています。クエン酸とその塩は、化粧品の酸と塩基のバランスを調整するために添加されています。

 

アルギニンはフリーラジカルから肌を守り、肌の潤いを高め、コラーゲンの生成を高めるために化粧品やパーソナルケア製品に配合されているアミノ酸です。

 

アスパラギン酸は主に化粧品やパーソナルケア製品に配合されているアミノ酸で、整髪料や整肌剤として機能しています。

 

ウコンカルス順化培養液(別名ウコン)クルクミンを中心としたクルクミノイドを豊富に含む熱帯植物です。抗酸化作用や抗炎症作用など、様々な薬理学的効果があり、いずれも育毛に効果があります。

 

 

グリシン  アミノ酸の一つであるグリシンは、組織の成長と維持、ホルモンや酵素などの重要な化合物を合成するために必要なタンパク質の基本的なビルディングブロックの一つです。

 

アラニンは、タンパク質の生合成に使われるアミノ酸です。整肌剤、静電防止剤、マスキング成分として、化粧品やパーソナルケア製品に幅広く使用されています。

 

セリンは、アルコールグループと同じく、脂肪、脂肪酸、細胞膜の代謝に必要なアミノ酸であり、筋肉の成長、および健康な免疫システムに不可欠なアミノ酸です。

 

バリンは疎水性の必須アミノ酸で、一般的にはタンパク質の内部に存在し、体内では自己生成できず、外部から摂取しなければならないものです。肌の保湿剤として強力な働きをします。

 

ペンチレングリコールは、化粧品や美容製品に使用される合成保湿剤で、溶剤や防腐剤としても使用されています。水溶性と油溶性の両方の性質を持ち、保湿性や抗菌性があります。

 

ラウレス-2はラウリルアルコールのポリエチレングリコールエーテルです。化粧品やパーソナルケア製品では、バス、アイ、フェイシャル、ヘア、クレンジング、日焼け止めなど様々な製品に配合されています。また、キューティクル軟化剤、制汗剤、保湿剤にも使用されています。ラウレス-2は、天然界面活性剤の乳化剤、クレンジング、乳化剤、天然界面活性剤として機能します。

 

イソロイシンは必須アミノ酸の一つで、髪に潤いと強さを与え、表面のダメージを修復する働きがあります。また、髪にツヤを与え、サラサラとした手触りの髪に仕上げます。

 

プロリンは、食べ物で摂取できる以外にも体内で合成されるアミノ酸です。プロリンを多く含む食品の中でも、ゼラチン、肉類、牛乳などの乳製品が最も多く含まれています。プロリンの需要は加齢とともに増加していきます。最も重要な働きの一つは、コラーゲンの合成です。さらに、プロリンは結合組織の細胞外マトリックスの一部であり、関節軟骨にも含まれています。そのため、皮膚、髪、爪の状態に大きな影響を与えます。

 

スレオニンは、タンパク質のバランスを維持して成長を促す働きがあるため、化粧品やパーソナルケア製品に使用されているアミノ酸です。

 

ヒスチジンは、人間の体内に存在するα-アミノ酸です。また、体内で自然に合成され、特定のタンパク質の形成に重要な役割を果たしています。静電防止剤として機能することができ、ヘアトリートメントの品質を高めることができる成分です。

 

フェニルアラニンは、母乳や肉、鶏肉、魚、カッテージチーズ、レンズ豆、落花生、ゴマなど多くの食品に含まれているアミノ酸です。抗酸化作用があり、皮膚を補う働きがあります。

 

フィチン酸は、穀物、豆類、種子油、ナッツ類に含まれる主要な繊維関連成分です。角質除去剤としての役割を果たし、他の酸と混ぜて古い角質を除去することができます。皮脂や油分の生成を抑え、保湿効果があることが知られています。

 

香料して使用されているのはユーカリのエッセンシャルオイルです。ユーカリはシラミを殺し、髪の毛の成長を促し、フケをなくすことで知られています。

 

ヘアリカバリーコンディショナー

 

 蒸留水
 

セテアリルアルコールは、化粧品に含まれる化学物質です。セチルアルコールとステアリルアルコールの両方の脂肪アルコールから作られた白色のワックス状の物質です。ココナッツやパーム油のように動物や植物に存在しています。皮膚軟化剤や質感増強剤、泡安定剤、他の成分の運搬役として使用されています。

 

ヤグルマギク水は、植物ヤグルマギクから抽出したエキスです。ヨーロッパ原産で、鮮やかなブルーの花を咲かせます。別名、コーンフラワーエキスとも呼ばれており、抗炎症作用や保湿効果があります。非常に高価な成分であるため、他の植物性成分ほど頻繁に使用されることはありません。

 

クランベ・アビシニアカ種子油フィトステロールエステルは、ビロードのように滑らかでベトベトせず、保湿と保護の性質を兼ね備えています。鉱物油やシリコーンに代わる天然の潤滑剤、皮膚軟化剤で、肌を柔らかくし、乾燥を軽減する保護バリアを強化します。髪の毛に輝きと強さを与え、髪のコンディションを整えます。

 

ベヘナミドプロピルジメチルアミンは、非遺伝子組み換えの菜種と菜種油由来の驚くほど柔らかい天然界面活性剤です。髪の毛の絡まりを防ぐ最もマイルドな成分の1つであり、頭皮に厄介な蓄積を残すことはありません。

 

ナノハナ油シナアブラ桐油コポリマーは、キャノーラ油と桐油から作られた生分解性の天然ポリマーです。皮膚軟化剤、閉塞作用、髪の周りの保護膜形成、皮膚保護剤として機能します。

 

水添オリーブ油エチルヘキシルはオリーブオイル由来で、栄養価の高いファイトケミカルスを含み、健やかな肌をサポートします。保護膜を張り、油っぽさを抑えて髪や肌を柔らかくします。シリコンの代用品としても使用されています。

 

乳酸は、アルファヒドロキシ酸(AHA)のグループに属する有機化合物です。その名にもかかわらず、乳酸は牛乳からだけではなく、発酵によっても生成することができます。この酸は、髪の毛を滑らかにしたり、リラックスさせたりするので、髪の毛の状態を良くしてくれます。

 

安息香酸ナトリウムは安息香酸のナトリウム塩で、水に溶けるとこの形で存在します。保存性を高めるために加工食品や飲料に使用される防腐剤として知られています。

 

水添オリーブオイル不けん化物は、オリーブ油脂肪酸の精製工程で得られる成分です。不けん化油とは、植物油から化粧品に使用するために油の脂肪酸を精製する際に分解されない成分を指しています。

 

 

加水分解キヌア種子は、ビーツやチャード、ホウレンソウに似た植物であるキヌアから抽出したエキスです。加水分解とは、簡単に言うとキヌアを水で分解したものです。髪の毛の色の保持、コンディショニング、保護のための天然のたんぱく質です。キヌアは、必須アミノ酸8種類すべてを含む17種類のアミノ酸を含む完全なタンパク質とされています。このタンパク質が毛軸に浸透して強力に保護してくれます。

 

ソルビン酸カリウムはソルビン酸および水酸化カリウムから合成的に作り出される無味無臭の塩です。食べ物、飲み物およびパーソナルケア商品の防腐剤として広く利用されています。自然界ではいくつかの果実に存在しますが、事実上すべてのソルビン酸は合成的に製造されています。

 

ピロリドンカルボン酸塩(PCA) は、人間の皮膚に存在する天然成分で、表皮を健康に保つ天然の保湿因子として作用しています。

 

乳酸ナトリウムは、乳酸を対イオンとして持つ有機ナトリウム塩です。食品保存料、食品酸度調整剤としての役割を持っています。有機ナトリウム塩であり、乳酸塩でもあります。

 

アロエ葉エキスまたはアロエベラは、ユリ科に属するサボテンのような植物で、ビタミンB群、葉酸、ビタミンC、カロチンを含んでいます。消毒や保湿剤として局所的に適用することができ、肌を落ち着かせ、抗炎症作用があります。アロエベラの化学構造は、皮膚の深い層(真皮)にビタミンなどを確実に浸透させる働きがあります。また、繊維芽細胞を刺激してより多くのコラーゲンを生成します。

 

アマランサス種子エキスはアマランサス科の一部に由来しています。その種子は非常に小さく、油分が非常に少ないため、多くの人がその生産に従事しています。オイルにはスクワレンが非常に多く含まれており、乾燥して炎症を起こしている肌の治療に最適です。皮膚に含まれているものと同様の脂質を含み、天然の脂質層の再生と強化に役立ちます。

 

アルギニンは髪の毛がケラチンを生成するために必要な重要な要素であり、健康な髪の毛を手に入れるには非常に重要なアミノ酸です。タンパク質の生成が促されると、アルギニンは毛根の発育に非常に役立ちます。

 

アスパラギン酸は主に化粧品やパーソナルケア製品に配合されているアミノ酸で、整髪料や整肌剤として機能しています。

 

クルクマロンガ(別名ウコン)は熱帯植物で、毛包の成長を強化し、毛髪の繊維の寿命を延ばします。またの名をカピリアロンガと言いますが、クルクミンを中心としたクルクミノイドが豊富に含まれています。抗酸化作用や抗炎症作用など、様々な薬理学的な効果があり、これらの作用はすべて髪の成長に効果的です。

 

クエン酸は柑橘類、特にレモンやライムなどに自然に含まれています。クエン酸は食品、洗浄剤、栄養補助食品の添加物として一般的に使用されています。天然の防腐剤であり、食品や清涼飲料水に酸性(酸味)を加えるために使用されます。

 

グリシンは、体がタンパク質を作るために必要なアミノ酸です。特にグリシンは、コラーゲン、筋肉、腱、皮膚、骨の必須成分であるタンパク質の生産を可能にします。グリシンは、タンパク質を加水分解して得られる最も単純なアミノ酸です。

 

アラニンは、タンパク質の生合成に使われるα-アミノ酸です。スキンケアに関しては肌の水分バランスを整えることで知られており、潤いを与えます。

 

セリンは天然の保湿因子とケラチンからなる主要なアミノ酸です。セリンの水酸基は水分子と積極的に相互作用し、肌の保湿能力を高めることができます。

 

ベンジルアルコールは芳香アルコールであり、香料成分、防腐剤、溶剤、粘度低下剤として化粧品に幅広く使用されています。ベンジルアルコールは安息香酸に代謝され、グリシンと反応してヒプル酸として体外に排泄されます。

 

バリンは、覚醒作用を持つ分岐鎖必須アミノ酸です。体内で合成することはできないため、外部から供給しなければなりません。

 

ペンチレングリコールは抗菌作用のある化学物質で、肌の保湿を助ける働きがあるため、スキンクリームや保湿剤に配合されることが多いです。ペンチレングリコールには保湿効果に加えて、抗微生物効果もあると言われており、スキンケア製品の効果をより長く保つことができます。

 

イソロイシンは保湿成分のあるアミノ酸です。

 

プロリンは毛髪の軸を強化する4つのアミノ酸の1つとしてヘアトリートメントに使用されています。プロリンは結合組織の細胞外マトリックスの一部であり、関節軟骨にも含まれています。そのため、皮膚、髪、爪の状態に大きな影響を与えます。

 

スレオニンはタンパク質のバランスを保つことで成長を促進する働きがあるため、化粧品やパーソナルケア製品に使用されているアミノ酸です。

 

ヒスチジンは、人間の体内に存在するα-アミノ酸です。また、体内で自然に合成され、特定のタンパク質の形成に重要な役割を果たしています。静電防止剤として機能することができ、ヘアトリートメントの品質を高めることができる成分です

 

フェニルアラニンは、母乳や肉、鶏肉、魚など多くの食品に含まれるアミノ酸です。皮膚疾患への効果が研究されています。

 

アロエベラとしても知られているアロエ葉エキスは、ユリ科の葉の抽出物です。このエキスは皮膚を落ち着かせ、抗炎症剤として機能することができます。アロエベラによって得られる効果は、75のファイトケミカルによるものです。

 

フィチン酸は、植物の種子に含まれる独特の天然物質です。ミネラルの吸収を助ける効果があることから注目されています。皮脂や油分の生成を抑え、保湿効果があることで人気があります。

 

香料して使用されているのはユーカリのエッセンシャルオイルです。ユーカリはシラミを殺し、髪の毛の成長を促し、フケをなくすことで知られています。

 

参考資料

National Library of Medicine: National Center for Biotechnology Information

Evaluation Report by MEDIATOR, a 3rd Party Arbiter