自然とサイエンスの融合 – Scandinavianbiolabs.jp

全国配送料無料 | お客様の声 ★★★★★ 4.4 / 5 Trustpilot

ヘアサイクル(毛周期)

成長期 2~8年

新しい毛髪が生まれ、成長していく時期です。1ヘアサイクル(1毛周期)のうち、健康な周期の人であれば全体の90%はこの成長期にあります。

退行気 2~3週間

毛乳頭細胞が縮こまりはじめ、毛の成長が止まる時期です。この周期の毛髪は全体の1%で、次の休止期に入る準備をはじめます。

休止期 3~4か月

毛乳頭細胞が完全に活動を休止し、髪の成長が止まります。この周期は髪全体の10%で、再び成長期に入り髪が伸びてくるのと同時に抜け落ちます。

ヘアサイクルが乱れる原因は?

髪が抜ける原因は遺伝的要因、ホルモンバランスの乱れ、病気、服薬、そしてライフスタイルなど様々ですが、ほとんどの場合健康なヘアサイクルの乱れが関係しています。

ヘアサイクルが乱れると、成長期が遅れたり短縮されてしまい髪の毛が抜けてしまいます。

遺伝的要因などどうすることもできない場合は別として、ライフスタイルを変えうことにより髪の健康を維持することはできるはずです。

抜け毛と戦うために

Bio-Pilixin Formula ®

独自開発のBio-Pilixin Formula ®(ビオピクシリン フォーミュラ)は、抜け毛が気になり始めた方や髪のボリュームを維持したい方に特に効果が期待できます。

肌の延長線上にある頭皮は体と同じようないたわりが必要です。スカンジナビアン・バイオラブスの3ステップルーティンは、健康な髪が育つ土壌を丁寧に作ります。

ターメリック(別名ウコン)の育毛効果に着目し、その他の天然成分と掛け合わせて作られたBio-PilixinFormula ®(ビオピクシリン フォーミュラ)。違いを実感してください。

3つの重要成分

カピリアロンガ:ターメリック由来の成分である別名ウコン培養液は成長期を延長させる効果あるとされています。

カフェイン:毛根の血流を促進し活性化させることにより、酸素と栄養素の供給をしっかりと行う働きがあります。

アミノ酸ブレンド:アミノ酸を直接塗布することにより、ダメージされた髪をケアしハリ・コシを与えます。

よくあるご質問

抜け毛にはどのような種類がありますか?

抜け毛(脱毛症)には数多くの種類があり、身体のどの部分でも起こり得ます。 脱毛症は、瘢痕性脱毛症(傷を原因に髪を作る毛包がなくなり、髪が生えない状態)と、非瘢痕性脱毛症の2つの主要なカテゴリーに分類できます。最も一般的なタイプの非瘢痕性脱毛症は、男性型脱毛症(AGA)、または単に女性男性型脱毛症(FAGA)として知られています。 あまり一般的ではない形態の脱毛症は、瘢痕性脱毛症として分類されます。 病因はそれぞれ異なりますが、瘢痕性脱毛症のすべての形態は、毛包を元通りにないほどに破壊し、瘢痕組織に置き換えます。

すべての種類の脱毛に効果がありますか?

スカンジナビアン・バイオラブスの製品は初期の非瘢痕性脱毛症には効果を期待できますが、進んでしまった脱毛症や毛包が破壊され傷を負った頭皮には残念ながら効果があまり期待できません。

男性と女性の間で抜け毛にはどのような違いはありますか?

AGAは日本では「男性型脱毛症」と呼ばれていますが、遺伝的要因とホルモンバランスに関係してくる症状なので女性も同じAGAで悩むことがあります。 男性のAGAの場合、こめかみから生え際にかけて髪の毛が抜け始めるのが特長です。頭部全体の髪が抜けることは稀で、側部と後部に髪が残ることが多いです。 女性のAGAの場合、生え際の後退ではなく全体的に髪の毛が薄くなっていくのが一般的です。

抜け毛にはどのような種類がありますか?

抜け毛(脱毛症)には数多くの種類があり、身体のどの部分でも起こり得ます。 脱毛症は、瘢痕性脱毛症(傷を原因に髪を作る毛包がなくなり、髪が生えない状態)と、非瘢痕性脱毛症の2つの主要なカテゴリーに分類できます。最も一般的なタイプの非瘢痕性脱毛症は、男性型脱毛症(AGA)、または単に女性男性型脱毛症(FAGA)として知られています。 あまり一般的ではない形態の脱毛症は、瘢痕性脱毛症として分類されます。 病因はそれぞれ異なりますが、瘢痕性脱毛症のすべての形態は、毛包を元通りにないほどに破壊し、瘢痕組織に置き換えます。

すべての種類の脱毛に効果がありますか?

スカンジナビアン・バイオラブスの製品は初期の非瘢痕性脱毛症には効果を期待できますが、進んでしまった脱毛症や毛包が破壊され傷を負った頭皮には残念ながら効果があまり期待できません。

男性と女性の間で抜け毛にはどのような違いはありますか?

AGAは日本では「男性型脱毛症」と呼ばれていますが、遺伝的要因とホルモンバランスに関係してくる症状なので女性も同じAGAで悩むことがあります。 男性のAGAの場合、こめかみから生え際にかけて髪の毛が抜け始めるのが特長です。頭部全体の髪が抜けることは稀で、側部と後部に髪が残ることが多いです。 女性のAGAの場合、生え際の後退ではなく全体的に髪の毛が薄くなっていくのが一般的です。